独居老人と有料老人ホーム

独居老人は、全国的に増加しています。

もともと夫婦で暮らしていて、どちらかが先に亡くなったことで、一人になることです。


高齢化社会において、70歳と言っても働いている方はとても多く、80歳と言ってもアクティブな毎日を過ごしている方とても多いです。


シルバー世代はとても元気ですが、独居老人だとしても、ご近所と甘くお付き合いをしたり、趣味のサークルで生きがいを求めて生活している方は少なくありません。
しかし、身体状態が悪くなった場合は、どうしても一人で家事すべてを行うことは困難だと言えるでしょう。



そんな時に考えるのが、有料老人ホームの存在です。


有料老人ホームの考えかたとしては、自分で物事ができなくなったか入所したいというのが理想的な方法です。



しかし、現実では、どうしても人の世話にはなりたくないと一人で頑張ってしまうこともあります。孤独死が増加しているのも、そういった無理がたたっていることも否定出来ないことです。
全国の福祉活動の中で、独居老人の訪問や様子を知ることが大切だとされていますが、独居が無理になってきた場合、すみやかに有料老人ホームへの入所を勧めたほうが良い場合もあります。

その時には、家族などとの相談も必要になりますが、独居老人のプライドを損なわずに、自らの決断が欲しいところですが、話し合いがうまくいかない場合もあります。



頭では若いつもりだけど、体は高齢という独居老人も存在しているのは確かなことでしょう。